運営会社

「気候変動」「生物多様性」「社会福祉」正しいと思える選択。私たちの食べるお肉。美味しくて安全なのはもちろんこれからは「心」で食べ物を選ぶ時代。私たちにできることをまず一歩から。それは子供たちへ過ごしやすい美しい地球を残すことに繋がります。正しい「エシカル」な肉を選択する新しい時代の肉文化を私たちは造り上げます。

会社名:エシカルミーツ株式会社 (英語表記名:Ethicalmeats inc.) 

設立:2017年12月

代表取締役CEO:小野田 賢造

事業内容:新しい時代の肉文化メディアEC『エシカルミーツ』の運営、エシカルミーツの開発、通販、温室効果ガス削減農場推進

Mail:info@ethicalmeats.jp  / LINE ID:@379rvgfh

住所:鹿児島県鹿屋市上谷町32−26 

STORY

気候変動によって、地球沸騰化・自然災害が続く地球。 私たちは、どの様な行動をすることが正しいか?

私たちは幾度となくこの問いを繰り返してきました。

気候変動の問題を解決するために。地球化学の見解では「温室効果ガス」が原因とされています。

国際連合・日本政府は2050年にカーボニュートラルを達成し温室効果ガスを実質ゼロにすることを決定しました。温室効果ガスを排出する様々な要因の中に、鹿児島県が生産量日本一を誇る家畜も原因とされ、生産過程で温室効果ガスの排出量の少ない代替肉(大豆ミート)が世界的に注目を集め成長する姿を私たちは見て「もし、このまま代替肉が普及し続けると畜産という仕事が無くなってしまう」「地元鹿児島や多くの畜産農家さんは職を失ってしまう」その事に危機感を抱きました。

何より、私たちの子供も肉が大好きです。しかし、この肉が暑くなる地球の温暖化を促進させていたり、災害を助長させている現実を理解した時… 果たして私たちは胸を張って積極的に「肉を食べよう」と子供へ言えるのか…罪悪感を抱いたまま食べさせて良いのか…それなら、温室効果ガス実質ゼロを実現させて子供により過ごしやすい綺麗な地球を遺すために「新しい時代の肉文化」を造り上ることに人生を捧げようと決意し「エシカルミーツ」はスタートを切りました。

▼MISSON

家畜農業における、温室効果ガス削減の解決策を追及した結果…今、この問題に対して私たちの考える解決策は3つ。これらの肉をバランスよく食べることがこれからの時代では必要不可欠と考えています。

1:温室効果ガスを削減する肉を食べること

・現在、地球温暖化・自然災害を助長する温室効果ガスの削減に取り組むパートナーと、家畜から出る温室効果ガスゼロを目指します。そして、森林の確保を進めそれらの環境で育った「牛・豚・鶏肉」を食すること

・温室効果ガスを排出しない植物由来の肉を食します「大豆ミート=代替肉」「培養肉」

2:地球上で食べられる肉を食べること

①魚という肉:地球温暖化で海面が上昇し、海中温度も高くなっています。より魚を大切にすることが求められます。一般にはあまり出回らない魚を食することが大切もなってきます。

②ジビエ肉: 日本では昔からマタギという職業があります。 野生鳥獣は、放置し過ぎると農地への被害が多発します。令和3年度の野生鳥獣による全国の農作物被害は約155億円となっています。ここで大切なのは、天然物のお肉を捕獲量に気を付けながら取りすぎないことです。この事を大切にしながら、食べられる肉を食ベル習慣が求められます。

③社会福祉:自然災害に合った・一般的に障がいがある・社会復帰をする畜産農家を支援します。

被災地復興支援、一般的に障がいという個性を持った方達の社会進出・社会復帰を支援する取り組みも支援していくことが大切になってきます。

これらの肉をバランスよく食べることがこれからの新しい時代の肉文化を造るにあたって大切になってきます。 

▼VISON

私たちエシカルミーツは、これらの解決策を美味しく解決するため、これらの肉にこだわり、加工して販売(個人・法人向け)することを通して、カーボンニュートラルの達成実現を目指します。肉を食べる人・肉を育てたり、狩りをする人としっかり繋がって、購入して頂くプラットホーム造りを進めます。

そして、家畜の温室効果ガスの削減の研究への投資促進や人繋ぎを活発にするために、様々な機関と連携・協力を図れる立ち位置で、業界の調整役・盛り上げ役でいながら、牽引する存在になりたいと思っています。

何より、私たちの取り組みで、地方でも子供や若者の夢や未来を描ける地域を私たち大人が作り上げ、地方創生を成し遂げたいと本気で考えています。

感謝の気持ちを忘れず、チームで協力して「新しい時代の肉文化を造り上げ」農業文化を次の段階へと進め、次の世代に引き継げる様にしていきます。 

TOP